神秘の海へ

家族みんなで神秘の世界へ

那覇空港から車で約一時間のところにある恩納村真栄田岬に「青の洞窟」があります。これは海に面した半没状態の洞窟で、太陽の光が洞窟内に差し込み海底に反射して海面が青く輝いて見えることから名付けられました。この青の洞窟は、神秘的な世界を体感できるとしてシュノーケリングやダイビングの人気スポットの一つです。 青の洞窟までは、ウエットスーツを着用したまま移動しますが、体力に自信のない方や小さな子ども連れの方はボートで移動するツアーもあります。また、専属のインストラクターによる指導やサポートもあるので初心者や泳げない人でも安心です。さらに、ダイビングができない子どもでも、専用のボートや浮き輪で楽しめるなど家族向けのプランも充実しています。

初心者でも安心な体験ダイビング

まず青の洞窟でダイビングを楽しむならば、ツアーに参加することをおすすめします。ダイビングというとライセンスが必要とイメージする人も多いと思いますが、体験ダイビングであればライセンスを持っていなくても楽しむことができます。このツアーに参加することで経験豊富なインストラクターがガイドしてくれるので、初めてダイビングをする人でも安心して参加することができます。 このようなツアーの所要時間は、集合から終了までおよそ二時間から三時間が目安です。初めに集合場所でウエットスーツに着替え、呼吸法や耳抜き、泳ぎ方などの説明を受けます。そして、ボートなどで青の洞窟へ移動し、熱帯魚に餌付けをしたり写真を撮ったりして水中遊泳します。多くが一組ごとの完全貸切制あったり、店によっては託児所を完備しているところもあるので、自分たちのペースでゆっくり楽しむことができます。